ギターを購入してそのままの状態になっていないでしょうか?

新品のギターは(特に大量生産品)は
最大公約数的な調整しか行われておりません。

つまり許されるギリギリのところまでしか調整されてないわけです。
ナットの溝切りが適正でなかったり、
ネックの調整があいまいだったり、
ブリッジの調整がされてなかったりetc......。

またある程度使い込んであるのならば、
スイッチ、ポット、ジャックのガリやノイズ、
フレット摩耗による音づまり、チョーキング時のビレ、
ネックやせによるフレットエッジのひっかかり等。


これらは調整やちょっとしたリペアーやクリーニングで解消されます。
特にナット部分はローフレットでの弾き心地や正確なピッチを得るためにも
一度調整してみてはいかがでしょうか。
@ 再調整後のナット溝。
弦の納まりに注目。
A 大量生産品の導電処理。
ずさんな塗りの為この後再処理。
B すりあわせで預かったが、
ネック反りがあり、調整。




各種調整料金
ナット溝調整 2000
ヘッド側ロッド調整 500
エンド側ロッド調整 1000
フレットすりあわせ 8500
フレットバリ取り 3000
すり合わせ+バリ取り 10000
SW、POT、JACKクリーニング 1000
ノイズ対策  導電塗料 3500
PGアルミシート  2000
オクターブ調整 1000
※フレット調整にはロッド調整が含まれます。




< HOME >